「数秘」をマスターするコツ。

「数秘」マスターを目指す!

人には、感性や個性があって、

その人ならではの良さがあります。

 

当教室で学ばれた人も定期的に勉強会に参加されるのも

自己判断とは、とても危険であり、

それぞれの価値観を互いに学ぶために集い、

常に自分自身をニュートラルな位置に戻す必要性があるからです。

 

柔軟な対応、柔軟な考え。

 

個々を認めて生まれる考え方です。

特に、本だけで学んだ人や

自分だけの感覚で熟知した人は、

意味を取り違えている場合が多いように思われます。

 

例えば、「頑固」と言う意味。

自分の考えに固執した頑なな姿勢と言ったようなイメージです。

 

では、数秘で言うと何番の方が「頑固」なのでしょうか?

 

実際的には、「4」「7」「9」が代表的です。

 

しかし、ここには、間違いも存在します。

頑固も何に対してなのか?と言う事を理解しているのかどうか?です。

 

とても難しい日本語

何かを習う上で一番、難しいのは、

「日本語」って、

その人の考え方や取り方によって意味が違ってくると言う事です。

 

日本語をしっかり、学びましょう。

そして、「数秘」の意味をしっかりと学びましょう。

 

実は、数秘も日本語もとても面白いし、深いです。

 

では、例えば・・・

「4」自分の経験を大切にする。保守的な考えがある。哲学がある。

事を理解した上で、「頑固」をイメージしましょう。

 

実は、それぞれの価値観があります。

 

それぞれの価値観や生き方を知ると、

より意味を理解でき、頑固さを表す所を落とし込むことが出来ます。

 

 

是非、行動心理数秘学™を学んでみてください。

家族、仕事、全てにおいて、人に関わる楽しみを知り

自分の個性をより発揮しやすくなってきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です