岡山県内に引きこもり1.2万人

岡山県内に引きこもり1.2万人

昨日、さんデジに上がっていた記事に

 

「岡山県は13日、仕事や学校に行かず、

半年以上にわたって家族以外とほとんど交流せず自宅にいる

「引きこもり」の人が、県内で約1万2千人いるとの推計を明らかにした。」(さんデジ記事より)

と言う内容のものがありました。

 

 

鑑定をしていても、こうした相談の多さは、

10人に1人程度の確立で、ご家族の引きこもりについての

お話もよく聞きます。

 

病院に通われている方の、殆どが、「お母さん」の付き添いで

驚く程、母親の介入が凄く感じられる場面に遭遇したことがあり

「お母さん病」などと、「うつ」についても、刷り込みについて書かれているものがあります。

 

特に、数秘「4」「7」「9」のお子さんは

しっかりとした考えを持った分、揺るぎがなく

こういった「引きこもり」というケースも少なくありません。

 

もともと、家でじっとしている性格で

適度に勉強も努力したりできる分、どこかで、親も安心していたり

「できる」を当たり前に、要求していたら、

子供自身も、そうでなければならないと考えてしまう

思い込みも強いようです。

 

お母さま自身の数秘「6」「8」「9」のタイプで

強い強要をしてしまうタイプのパターンも多い傾向です。

知らず知らず、「うちの子は、○○だ」と決めつけて

思うようにコントロールしてしまわないように

本人の在るがままが最良であるように感じます。

 

又、運気も関係しています。

 

ちょっとした問題が、

「もうダメかも・・・」と極端な考え方にさせてしまう場合もありますので

1990年代生まれのお子様には、

特に、ありがちな傾向です。

 

自分の価値観は、

自分で決める物であり、人に決めてもらうものではないのですが、

数秘でも、家族との関係から見だす「自分」もある事を

知っておくと、やはり、家での時間に自分を生み出す意味も

存在していると感じます。

 

どちらにしても、

過去を変えることも出来ませんじ、

全ての出来事に対して、自分自身を許す・・・

そんな必要性を感じます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です