行動心理数秘学™ 基本講座で学ぶもの

子育ての悩み・問題・夫婦の関係性

行動心理数秘学™ 基本講座では、

数秘1~9.11.22.33について学びます。

 

実際には、それ以上に、学ぶものが多く・・・

 

実際の皆さんの環境から

どの様な、数秘の方と関わっているかを観ていきます。

 

又、受講生の多くは、

「子育て」で悩まれているお母さんも多く

自分の価値観が、お子さんを「そうしなければならない」と

思って育ててしまっている傾向が強い事は、はっきりしています。

 

そこら辺については、

この基本講座で、

自己分析したり、子供さんや家族の数秘を読み解いていくと

自分自身の性格も、身の回りの方の性格もはっきりと分かってきます。

 

 

対人問題については、親子も夫婦も、全ては、

自分の価値観の押し付けでは、

相手には伝わりにくく、

親子も、互いの性格を熟知しながら、「自分」本来の良さを実践していく事の方が

お互いに尊重しあえると言う事です。

 

「悪い」所ばかりに目を向けず、

「良い」所に目を向ける、自分にはない「良さ」も見えてきます。

 

しかしながら、世の中には、学校や社会的な顔を大切にするあまりに

互いを犠牲にしてしまう場合も多いでしょう。

 

「面子」「体裁」「価値観」「義務感」

 

私たちは、「良い」とされることを見せたがるのだと思います。

「悪い」所にも「良さ」が隠れてしますので、探してみてくださいね。

 

「7」である私たちには、それを理論や理屈で落とし込んだり、理解してしまう分、

ストレスがたまりやすいです。

生徒さんにも多い傾向ですので、自分が悪いと言う片付けではなく、

どちらも、問題もあるし、どちらも問題はない。

 

この世には、「目に見えない自分に気づくための道のり」があるということです。

 

学ぶための試練や、学ぶための道のりが、

その人を成長させている…ということです。

 

「客観性」を確立し、互いに自立した考えを育てたい所です。

 

同じ数字の人は同じ価値観がある!

最近、同じ数秘の方に出会う事が多くなって

「私」と同じことを思っているし、

やってるな~と思う事が殆どです(笑)

 

子育ても一段落し、いよいよ、生徒さんの育成を本格化させようと感じた時

自分の身の回りに、自分を見せてくれる方に出会う事で

「過去」の自分を知ることが出来ます。

 

受講生さんも、

私にとっては有り難い存在です。

 

自分らしさを失いかける、育児や嫁としての立場は、

とても自分自身の在るべき姿から、

「ならなければならない存在」となりました。

 

見えないストレスから病気に苦しんだ時期も長かったですが、

そんな自分も、らしいな~と感じられます。

 

特に、同じ数秘である尾崎豊さんや

非常に似ている数秘である、YOSHIKIさん(X-JAPAN)の性格は、見ていたら

自分のように感じられます。

 

皆さん、それぞれに、

どの生き方も素晴らしいと感じられますし、

やりがいを感じて、数秘を学ばれている生徒さんの姿勢も

「人のためにと思われている気持ち」は、非常に美しいと感じます。

 

人のためにと思えばこそ、

自分も輝いて見えますから…

これからも、楽しくレッスンを続けていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です